代表者ごあいさつ

 東立学院では、単なる試験の合格だけを考える受験指導校ではなく創業から一貫して「人間尊重」の基本理念に基づき我が国の産業および社会全体の健全な発展に寄与 する国家資格者の養成を専門におこなってきました。

 安全な社会、安心して暮らせる社会を築くためには国家資格者は不可欠です。

自動車免許、バス免許、クレーン免許、消防設備士免許、ボイラー免許などここには 書ききれないほどの数の国家資格者が実はこの世の中を支えているのです。

このことからもわかりますように我々の実社会に大きく関わっているのです。いい加減な資格者がいたとすれば様々な事故やトラブルの原因となります。

 東立学院では、資格を取得するために多くの人たちが学びにきます。我々講師としては資格者になれば社会的に大きな影響を与える存在になる事を教えております。

たとえば消防設備士の資格を取得したあと、アルバイトで消防設備の点検業務で、もしもいい加減な仕事をしたとすれば結果的にのちに人命に関わるような重大な事故が起こる可能性があるわけです。

 「資格」を取るのは人です。そしてその「資格」を教えるのも人です。東立学院は、資格を取る人に幸せになってもらいたいと願っています。そのためには、不断の「努力」が必要です。「正しい知識」が必要です。

 これを読まれた方は学んで下さい。多くの人に求められるような人に、多くの人に認められるような人になるために学んでください。そして得た知識をその力を社会の為 に役立てて下さい。そのために東立学院は存在しています。東立学院は代表の私個人のものではなく資格を取って広く社会の中で活躍したいと望む人達のためにあります。

 これから社会は大きく変容していきます。その中で生きて行くのに大切なことは、「学び続けること」だと思います。

資格に限らず、先輩、後輩、上司、部下、両親、近所のおばさん、いろんな人から いろんなものから学ぶことができます。要は学ぼうとする姿勢が大切なのです。それは生きるそのものだと思います。「生涯学んで行こう」と思う人が一人でも増えることを願っております。このことがこれからのニッポンの繁栄につながる道だと考えております。

 

 


 有限会社東立学院

 代表取締役 水谷聡